総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行運勢 未来健康 医療

夜泣き対策

夜泣きは、ほとんどの赤ちゃんに起こり、夜中に泣き出して、一度泣いてしまうとなかなか眠ってくれないこともよくあると思います。お母さんは、寝不足になってしまうし、お母さんも泣きたくなってしまいますよね。そんなに悩まないように、次のことを試してみてください。

まず、睡眠表をつけてみましょう。赤ちゃんの1日のねんねパターンを書いてみることで、夜泣きに対して、ある程度覚悟ができると思います。表にしてみると、以外と自分が寝ていることがわかり、ぐっとお母さんの心も落ち着くと思います。

お風呂にも気をつけましょう。お風呂の温度が高めだと、体温が上昇するので、寝つきが悪くなってしまいます。眠気を誘うには、ぬるめのお湯加減で、短時間入浴するのが一番です。

環境を変えるのも効果的です。部屋の灯りを点けたり、ベランダに出てみたりすると、ピタッと泣き止む場合もあります。また、裸にするのも良い方法です。衣服が暑かったり、きつかったり、チクチクして痛かったりなど、意外と着ている物が原因で泣いていることも多いです。ただし、寒い時期は、裸のままにしておかないように、気を付けましょう。

夜泣きの原因はわかっていないので、決定的な解決策はありません。「この方法は効く」という方法が、自分の子には効果がなくても、落ち込まなくても良いです。ウワサなどに振り回されず、自分の子に合った方法を、いろいろと試してみてください。夜泣きは、いつかきっと終わるものです。

指しゃぶりはいけないこと?









posted by 婦人病 更年期障害 記録の細道 at 12:23 | Comment(0) | 育児の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生理痛に効く

女性特有の悩みであるのが生理痛です。
月に1度はある生理ですが、生理痛に苦しんでいる人は多いのではないでしょうか。
生理がくれば避けられない問題です。仕事や学校を休むしかないという人もいます。
病院に行けば、痛み止めなどの薬を処方してもらえます。
しかし、毎月薬を飲み続ける必要がでてきます。
毎月薬を飲むことは決して体にいいこととは言えません。

そんな生理痛を含めた生理の悩みを軽くしてくれるのがアロマテラピーです。
生理による痛みや生理痛を増幅させる冷えを改善してくれます。
中でもお勧めのアロマテラピーはアロマバスやマッサージ、温湿布があげられます。
生理痛や冷えに効くと言われるエッセンシャルオイルはいくつかあります。
クラリセージ・イランイラン・ラベンダー・ローズなどがあります。
お風呂であれば数滴たらして、20分ほど全身浴するのがいいでしょう。
血行が促進されるとともに香りによるリフレッシュ効果も期待できます。
全身浴でなくても足浴でも冷えに効果があるので、生理痛を緩和することができるでしょう。

また生理前や生理中のイライラに効くのが芳香浴です。
ローズやラベンダー・ゼラニウムなどの香りに効果があると言われますが、自分の好きな香りでもストレスを発散することはできます。
アロマポットを利用するだけでなく、マグカップでも簡単にできます。
熱湯をマグカップに注ぎ、その中にエッセンシャルオイルを入れるだけでアロマテラピーができます。


セイリの味方スーパームーン―生理なんでもハンドブック

セイリの味方スーパームーン―生理なんでもハンドブック

  • 作者: 高橋 由為子
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 1998/06
  • メディア: 単行本



「完熟にんにく卵黄おためしセット」購入はこちら



posted by 婦人病 更年期障害 記録の細道 at 22:16 | Comment(0) | 生理痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワーキングマザー

高齢出産は世界でも使われている共通の言葉です。
高齢出産が進む要因の一つとなった働く女性の増加。
そして出産後も働く女性の増えたことにより、よく耳にするようになったのがワーキングマザーです。
芸能人などで、出産後職場に復帰する女性もワーキングマザーなのです。
日本ではワーキングマザーに優しい社会かどうかと問われれば、はいと言えないのが現状です。
芸能人の場合は比較的融通が利きますが、一般社会ではなかなか休みもとりにくいのです。
日本はまだまだこれから改善しなければならない課題がたくさんあるようです。

世界的にも増えてきた高齢出産ですが、今では50代になっても出産をするという人も珍しくなくなってきています。
リスクが高いと言われ続けていましたが、最近では高齢出産でも健康な子供を産む人が多く、リスクも感じないというのが世界的な見方です。
外国と日本の違いはやはりワーキングマザーとの置かれている現状にあります。
何歳になっても働ける状況であり、女性特有の出産という状況を会社が受け入れる必要があります。

日本の少子化の原因は女性の出産や妊娠に対応する会社が少ないことです。
日本の場合は結婚をするときに会社を辞める女性もかなりいます。
そして妊娠、出産を機に会社をやめる人がかなり多いのです。
仕事を続けたい人にとっては、出産を先送りにするしかないというのが日本なのです。
産休システムがあってもうまく活用されていないというのが残念ですね。
本物のにんにく卵黄

高齢出産のメリット
http://okuizomegisiki.seesaa.net/article/134358102.html
posted by 婦人病 更年期障害 記録の細道 at 12:52 | Comment(0) | ワーキングマザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更年期障害について

更年期障害などでイライラする50代に。こだわりのマカ。Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

女性特有の病気「更年期障害」
更年期障害 さまざまな婦人病

「更年期」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
更年期とはホルモンが大きく変わる時期のことをいい、このときに身体的にも精神的にも不調をきたしてしまうことを更年期障害と言うように呼んでいます。更年期障害は多くは女性に症状が現れるようです。

更年期になってしまったと思ってしまうと女性としての自信そのものを無くしてしまったり、そのことに対して否定的になりたくなってしまったりするために症状が辛くても一人で悩んでしまう人が多くなります。
ですから、悩む前にまず自分が更年期なのかどうかをチェックする必要があると思うのです。

更年期障害の最新治療―症状と対処法、診断と検査法、療法がやさしくわかる (女性クリニック・シリーズ)

更年期障害の最新治療―症状と対処法、診断と検査法、療法がやさしくわかる (女性クリニック・シリーズ)

  • 作者: 村崎 芙蓉子
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: 単行本



下記に更年期障害の症状をいくつか挙げてみましたのでご自分が当てはまるかどうかチェックしてみてください。

・何をしても疲れやすくなった
・吐き気や頭痛、めまいなどを頻繁に起こすようになった
・顔が火照る
・寝付きが悪い
・眠りが浅い
・何もないのに落ち込んだり滅入ったりする
・汗をかきやすくなった
・怒りやすくなった


などなど他にも症状はあります。ただし、これらの症状が出ているからと言って必ずしも更年期障害の症状であるとは限りません。自己判断をせずに必ず病院で診てもらうようにしましょう。

更年期は加齢に伴って起こりやすくなりますが、やはり不調を訴える人は大多数います。
症状は皆が同じというわけではなく個人差があり、酷い人も軽い方もいるようです。
また症状は一つだけでなく、数種類合わせて出るようなのでそうなってしまうとさらに症状は辛く感じるようです。

イライラ、頭痛など更年期の症状に悩まれる方におすすめのサプリメント
更年期障害≫続きを読む
posted by 婦人病 更年期障害 記録の細道 at 18:57 | Comment(0) | 更年期障害 女性特有の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足のしびれ

私たちは、日常の生活の中で足のしびれを経験する事があると思います。
足のしびれの原因というと、まず正座が挙げられるのではないでしょうか。
法事の時など長い間正座し続けていると、いざ立とうとした時に足がしびれて立ち上がれないなどという事がありますよね。
正座をする事によって、足の血行が悪くなります。
血行不良で血液が行き渡らなくなると、神経細胞がしびれを引き起こします。
このしびれというのは、血液不足により弱った神経が間違った信号を出したものです。
しびれの仕組みは、「痛い」とか「熱い」「触った」などという感覚とは違っています。
長時間正座を続けていると、「熱い」「触った」などの感覚を伝えている神経がどんどん弱っていってしまい、感覚を伝える事ができなくなってしまいます。
正座をするとよく「足の裏の感覚がない」状態になると思いますが、この状態が、神経が感覚を伝えられなくなった状態です。
しかし、神経の中でも「痛い」を伝える神経だけは他の感覚の神経が弱っていても間違った信号をずっと送ります。
正座を続けて足がビリビリとしびれてくるのはそのためです。

正座が原因の足のしびれならば心配する事はありませんが、違う原因の足のしびれもあります。
しびれている時間が短かったり、足の指だけがしびれたりと生活に対して支障をきたさない程度だと、そんなに深刻にはならないでしょう。
しかし、足のしびれは身体の調子が悪くなる前触れでもあり、そのままにしておけば後に大事に至ることになるかもしれません。
足のしびれが原因の病気には、「脳梗塞」「脳出血」「腰椎ヘルニア」「腫瘍」などがあります。
足のしびれが続くようなら、早めに病院で診察する事をお勧めします。
しびれの原因を早いうちに取り除いて病気を予防しましょう。

薬用ホワイトニングファンデーション

posted by 婦人病 更年期障害 記録の細道 at 09:38 | Comment(0) | 足のしびれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BB

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。